雨上がりには窓ガラス掃除をしましょう!

窓ガラス掃除

窓ガラスがピカピカに磨かれていると、とても気持ちがいいです!

室内が明るく見えるし、清潔感を感じます。

窓ガラスは、室内の窓よりも先に外側を先にふくのがおすすめ。
(外側のほうが汚れがひどいため)

外側の窓は、曇りの日や雨上がりの午前中にお掃除するのがいいでしょう。
大気中の水分を含むため、汚れが落としやすくなるからです。

軽い汚れの場合は、水で絞った雑巾で拭いてから、乾いた布でからぶきをしましょう。
雑巾タオルの布繊維が窓につくのを避けたい場合は、
丸めた新聞紙に水を付けて吹き上げ、ガラス面がぬれているうちに乾いた新聞紙でからぶきするのが基本です。

新聞紙以外にも、古くなったシャツ(Tシャツ、Yシャツなど)や、ハンカチなどの布を使うのも、ケバがつかずにおすすめです。

酷い汚れの場合は、ガラス用の洗剤を使ってお掃除していきましょう。
このとき、まずは窓ガラスの周囲を拭いてから中心部へと拭き進めていくのがコツ。

窓だけでなく、窓のまわり――サッシや網戸、カーテンなどにも汚れをためないように、
毎日コツコツと掃除していくのがいいですね。

メモ