ああパチンコ狂想曲

先日、フラフラと道をあるいていると、道端でばったり知人の女性に会いました。
この知人女性は、元の職場の同僚。
あれこれと話ているうちに、「パチンコに行ってみたい」というので、軽い気持ちでつれていきました。

この女性は旦那さんと離婚されて、化粧品の販売をしていたのですが、凄いバイタリティーのある人で、売り上げも全国5本の指に入り仕事ぶりは超真面目でした。

パチンコに連れて行くと見てるだけなので玉をあげて打たせたら、すぐ大当たりを引き当てしかも連チャンして喜んでいました。

初心者のパチンコは買った負けたも無く微笑ましいものです。

それから2日後打ちに行くと彼女がいました。
MAX機のガロに座って打っています。

それからは行くたびに彼女を見つけるようになりました。

いつもいるので心配になって聞いてみたら、初めて連れて行ってから毎日来ているとのことで、仕事は?と聞いたら売上さえ上げれば何をやってもいいんだと笑っていました。

日曜日混雑してお目当ての台が取れないことになるので、開店時間の一時間前に行って並ぼうとしたら、何と前の方に彼女が並んでいてびっくりしました。

何か彼女にパチンコを教えたことが怖くなってきました。
今日は日曜で仕事も気にすることないので23;00の閉店まで頑張ると言って笑っていました。

2016年6月30日 ああパチンコ狂想曲 はコメントを受け付けていません。 メモ